がまんしない、攻撃しないコミュニケーション『アサーション』

先日のプチ瞑想の会のあと、

お茶のじかんに『コミュニケーション』について話しがでたので、

この記事がなにか役にたつかなあ。と思って書いています。

いつの写真かな?

瞑想会.JPG

プチ瞑想会に参加してくださったかたの中に、

接客のお仕事をしている方がいたんだけど、

その日、

常連のおきゃく様に、お食事のセットを提供したそうです。

その日はいつも通り、特に変わったこともなく、仕事を終えたんだけど、

次の日になって、

職場の先輩から「あの人怒っていたよ」と、

クレームがあったことを知らされたそうです。

詳しく聞くと、お出しした、食事セットにパンがついていたのですが、

欲しかったパンとは

違う種類のパンをお出ししていたそうなんです。

その場では、いつもと変わらず。お出ししたパンを食べて帰られたお客さんが、帰り際に怒ってクレームを言っていた。ということらしい。

こうやって、冷静にきくと、

『もっとちゃんと確認したらよかったのに』とか、

『お客さんが言ってくれればいいのに』とか、

客観的にみれるとは思うんだけど、

こういう状況って、ぼくもよくあるなあ。と思って聞いていました。

そのときふと思うことがあっても言い出せなかったり、

本人のいないところで、文句を言ってしまったり、

話しあえばわかり合えるかもしれないのに、

自分の意見だけを言って、相手の意見を聞いてなかったり。。

まえよりはずいぶん減ったけど、まだまだあるなあと。

まえに読んだ本で、ずいぶん楽になったので、

また見直してみようと思いました。

もしかして、だれかの役に立つかもしれないので

リンクを貼っておきますね。

『アサーションというコミュニケーション法

ぼくも、また、見直してみますね。

よかったら、読んで、感想きかせてくださいね!

いつかの楽の森。2019はここでプチ瞑想の会やるよ。

楽の森20181205 (3).jpg

Follow me!

コメントを残す